中国長春滞在記⑮ 許容する社会

 

  いよいよ最終章である。あと写真やビデオが残っているので実際は半ばです。最後のキャッチはドキュメントでない自分絵画です。その他の絵はドキュメントなので実際の景色です。「弧船漁火」は日本のことを思って描いた山水です。あと労動公園の月も創作です。長春で月を見たことがない、見えたことが一回しかありません。なぜか、一つはビルやネオンのせいです。この公園は人は多いし、民族踊りのぴーひゃら音とかカラオケダンス音楽がうるさい。また街の環境についても車にせよ落ち着く間がありません。中国人がテンションが高いのはこういった環境にあるかもしれません。唯一落ち着けるはずの狭い石畳の部屋では私みたいに不眠症になったりします。日本の畳はすばらしいです。何も考えないで銭湯に行ったり、田んぼ道を蛙の歌でも聞きながらの月見は安らぎをもらっているかもしれません。
 ⑮最終章は「許容する社会」です。寛容な社会とは一応書かないでおきます。木を見て森を見てまとめるならば、今まで書いてきたことのベクトルは「許容」を指しているように思います。人にはいろいろな事情がある。それぞれにいろいろな思いをもって生活している。中国の西域に住む人、南に住む人、国は違っても日本人その他の民族・・・、小さく言うなら、道を横断する人、外で物を食べる人、仕事する人、みんな頑張っているよ。それぞれのことを認め一律にしない知恵、そういう文化ではなかろうか。発展途上の国家は精神性を大事にする。その勢いは出会った女学生、若者など先人を敬いきちんと人の話を聞こうとするきらきらした知性を作り出すように感じる。
  一方成熟したはずの日本はというと、陳腐な目的主義?目先の能力主義が横行し、何のための、人としての、精神性が失われてきている。ほんとの日本人はかえって中国の知性人の中にこそいるとも言えるのでは。ごみはここにこういう風にして出してください、そうしないと罰金です。人を介さないで「非常な正論」が独り歩きする。日本の警察が信号機のない横断歩道でネズミ捕りをして市民から罰金を奪い取る。誰も気づいてもいないような交通法規なるものを逆手に、法律に則り行いましたと常套句を並べるのは本当にさもしいかぎりだ。日本も最近は環境はきれいになってきた。行政と地区住民のまとまりがよくなっているからだろう。地区の清掃などでもどんな用事があろうと出なければ慰労金2000円とか取られる。きれいな環境がつくられているのは罰金があるからで別に日本人の精神性が豊かだからではない。法律や取り決めが先に立ち人間が後に来るととその国とかそこに住む人達の精神性や文化は衰退する気がしてならない。
  中国から韓国経由日本に帰宅した。空港を出てバスに乗り込むと白い乗用車が覆面パトカーの犠牲になっていた。こんなのどかなところでー。長春ならあり得ない。そんなことはともかく土の色、空気、セミの声、きれいな道日本は静かできれいな国だなあつくづくそう思った。ほーとしてくる。終点からタクシー代節約で徒歩で大荷物を力工して久しぶりの日本の土の上を歩いている、感動に似た実感がわいてくる。そうは言うものの昔の日本も川は汚れて腐ったスイカの皮が浮いてし尿のあぶくがひどかった。今でもトンネルを歩くとごみは散乱してるし、海岸にはごみが散乱している。日本もそうだったなあと思う。
  中国はどんな国かと尋ねられてもまともな答えを言えない。初めての滞在は中国の外見外面に面食らい、その外見でしか見ることができない。夜中に長春の街を歩いたことがある。ネオンの反射する路地、ネオンのない暗がり、二人乗りのバイク、歩行者すれ違うたびに・・・何が起きるかわからない不気味さ怖さを感じた。そして中国語が堪能でないので中国人の言葉の裏に隠れている機微がわからない。その機微の隙間を埋めるのは今のところは積極的に理解しあうまで丁寧に話すことのみである。
  私にとって中国を象徴する風景がある。それはビルの屋上にある小さい旅館(おそらく一人二人しか泊まれないだろうと見える、3畳あるかどうかもベッドがあるかどうかも分からない)の赤い小さなネオンが真夜中に他のビルや窓ガラスに反射している風景である。もし私が夜中にその旅館に行き、その住人と話をしてその部屋を借りて泊まれるようになった時初めて中国とはこんな国でしたと語れる気がする。( ;∀;)(泊まるなら空港がいいです(笑)、ただし空港のほとんどが夜は閉鎖されます。駅も。)
  活気があって、うるさくて、優しくて、不思議で怖い街長春へまた行くと思います。そしてもっと中国が分かったらkasumijunブログします。ここまで読んでくれてありがとう。
再見(サイジェン)IMG_20190803_235448 (2)

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

kasumijun blog

Re: タイトルなし
> 面白かったです。
ありがとうございます。パンダさん。昨日携帯が壊れて、今日借りた機種に電話他いろいろ復元するのにたいへんでした。昨夜気づいていたけど返信今になりました。一番面白かったとこを聞かせてください。小林も今雨が降っていますか?

kasumijun blog

Re: Re: タイトルなし
> > 面白かったです。
> ありがとうございます。パンダさん。昨日携帯が壊れて、今日借りた機種に電話他いろいろ復元するのにたいへんでした。昨夜気づいていたけど返信今になりました。一番面白かったとこを聞かせてください。小林も今雨が降っていますか?
すいません。自分の早とちりでした。どこのどなたか分かりませんがありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

kasumijun blog

kasumijunFC2ブログへようこそ!中国の長春滞在はとても厳しいものでしたが感動したこと、驚きがいっぱいでした。体験のドキュメントです。内容は極めて正確で面白いです。楽しんで読んでください。余計に動画たくさんありますが一部です。
kasumijunペンネーム(pintuancyuni-ran)
<職業> 
画家 
 サイクリスト
 見習いマッサージ師 

月別アーカイブ